池袋の整体・交通事故・むち打ち・腰痛治療 いとう鍼灸整骨院
Instagram
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)

糖尿病について

2022.11.01

糖尿病は、日本で成人の6人に1人が糖尿病とあるいはその予備軍といわれています。

そこで糖尿病とはどんな病気なのか、原因、症状、対策を紹介していきます。


糖尿病は二種類に分かれています。

・Ⅰ型糖尿病

Ⅰ型糖尿病は、膵臓のインスリンを出すβ細胞が、壊されてしまう病気です。

β細胞からインスリンがほとんど出なくなることが多く、1型糖尿病と診断されたら、治療にインスリン製剤を使います。

症状は多飲・多尿・体重減少があります。

世界的には糖尿病全体の約5%が1型糖尿病と言われています。

若い方を中心に幅広い年齢で発症し、生活習慣が関わる2型糖尿病とは、原因、治療が大きく異なります。


〇原因

Ⅰ型糖尿病でβ細胞が壊される原因はよくわかっていません。

ひとつには、免疫反応が正しく働かないことで、自分の細胞を攻撃してしまうこと、つまり「自己免疫」が関わっていると考えられています。


・Ⅱ型糖尿病

インスリン不足が特徴の長期的代謝異常である。

一般的症状は 多渇症(異常な喉の渇き)、多尿症、原因不明の体重減少があります。

その他の症状には多食症(空腹感の増加)、疲労感、傷が治らないまたは治りにくいことが含まれます。


〇原因

Ⅱ型糖尿病の1番の原因は、以下のことが挙げられます。

・不摂生な食事

・食べ過ぎ

・運動不足

・肥満

・ストレス

人によっては遺伝的になりやすい場合があります。

糖尿病の約90%がⅡ型糖尿病であり、その他10%はⅠ型糖尿病と妊娠糖尿病です。


対策

糖尿病対策・予防をする際には、健康的な食生活と適度な運動を行い、睡眠不足・ストレスなどをできるだけ避けることが大切です。


東京都豊島区南池袋2-27-1 村田ビル2F
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:30
土曜日診療は10:00~14:00までの時間で受付けいたします。