池袋の交通事故指定院「いとう鍼灸整骨院」 保険診療だけでなく整体マッサージにも対応します。
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)

精神疾患と治療について

2019.03.06
精神疾患の分類で
心因性(心理的な要因)」、
内因性(脳の機能異常や原因不明のもの)
外因性(脳や身体の器質的な病変)」があります。
特に現代社会では心因性によるものが多くなっていると感じます。
心因性の症状をメインに、
当院での治療について挙げていこうと思います。


◎気分障害

・うつ病


≪症状≫
抑うつ・不安・イライラ・集中力の欠如
食欲や性欲がない・頭痛・体がだるい・のどが渇く等
うつを含む精神疾患で類似した疾患だと、
甲状腺機能低下症があります。

・双極性障害(別名:躁うつ)


≪症状≫
うつ病の症状に加えて躁状態の症状が加わります。
気分が高揚する・怒りっぽい・開放的になる等の症状が
一日の大半を占めるような状態になります。

・気分変調障害(持続性抑うつ状態)


≪症状≫
抑うつ状態が1年以上続いた状態でうつ病との違いは、
食欲や性欲の減退・焦燥感・何も考えられない状態等の
症状はなく、躁状態ということもないそうです。


◎不安障害

・適応障害


≪症状≫
抑うつ・不安・怒り・焦り等の情緒面
暴飲暴食・無謀な運転・けんか等の攻撃的な行動
緊張が続くことによって汗をかきやすい・
めまい等の身体的な症状があります。
上記に加えて休みの日に症状が緩和する等あれば
適応障害に分類される可能性があります。

・社会不安障害


≪症状≫
手足が震える・周囲への不信感・予期不安
人前に出ると顔が赤くなる
書痙(人前で文字を書こうとすると手が震える)
緊張で声が震える等があります。
原因として、セロトニン等のバランスが崩れ、
不安を誘発している説などがあります。

・パニック障害


≪症状≫
何の前触れもなく症状が出現します。
突然訪れる息切れ・動悸・めまい等の症状が
出現し、だいたい30分ほどで症状が収まると
いわれています。繰り返すことにより、
症状に対しての予期不安が出るとされています。
引き金として、脳内物質のノルアドレナリンの
過剰の分泌によるものだと考えられており、
ストレスに対しての防御反応が過敏に働きやすくなり、
引き起こされるとされています。

・強迫性障害


≪症状≫
代表例として「強迫観念」「強迫行為」があります。
その症状として、不潔恐怖と洗浄・加害恐怖・
確認行為(スイッチの切り忘れ等)・
儀式行為(同じ手順じゃないと恐ろしいことが起こるという不安)
等があります。
これらの症状がひどく、日常生活に影響が出ているような
状態であるならば強迫性障害を疑うようになります。


【別枠】

◎睡眠障害


≪原因≫
原因の多くは生活習慣の乱れ、ストレスが要因となります。
脳の松果体のメラトニンというホルモンが睡眠には
深く関わり、ストレスや生活習慣の乱れにより
上手く働かないような状態になります。
上記で上げたような疾患ではストレスが原因になる
ものが多いので、睡眠障害が症状として
出現する場合も考えられます。


≪症状≫
様々な症状がありますが、大きく挙げられるとすれば
不眠・過眠・無呼吸症候群等があります。
これらの症状で挙げるとすれば、不眠が特に
多い症状ではないかと思います。


◎症候性により出現する疾患について


・下垂体機能低下症
脳腫瘍等によってホルモン分泌の低下により出現。
重篤な下垂体機能低下では、昏睡状態となり、
これを下垂体昏睡という。



・副甲状腺機能低下症
副甲状腺の分泌低下や不全により、テタニー、
けいれん発作がみられ、てんかんの誤診があったりします。



・甲状腺機能亢進症
バセドウ病によるものが多いです。
手指振戦、発汗、頻脈等の症状が
パニック障害と似ているため誤診されやすいです。



・クッシング症候群
副腎皮質ホルモンの慢性的な過剰分泌によるものです。
中心性肥満、高血圧、月経異常、多毛症等あり、
精神症状では抑うつが顕著にでるのが特徴です。
ステロイドの長期服用で同様の症状が
出現する場合があります。



・全身性エリテマトーデス(SLE)
全身性の炎症性の疾患で、再燃と緩解を
繰り返し、精神症状では、急性錯乱状態や
不安障害、認知機能障害、気分障害(抑うつ)等の
症状が出現します。


◎当院での治療について


心因性で共通していえる状態とすれば、自律神経の働きが
悪くなっている場合が多く、自律神経の出どころとすれば、
頭部から背中全般、おしりの下にある仙骨にかけて
出て全身に分布します。頭部・背骨周囲・骨盤周囲の
筋肉の緊張が強まっている場合が多いので、それらを
緩めることと、姿勢でいえば猫背のような
うつむいている状態になっている場合が多いです。
そのような姿勢調整等含め体のバランスを
調整していくことが改善への道が
近づくこともあります。もし何かわからないこと等
ありましたら一度当院にお問い合わせください。
東京都豊島区南池袋2-27-1 村田ビル2F
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:30
土曜日診療は10:00~14:00までの時間で受付けいたします。