池袋の交通事故指定院「いとう鍼灸整骨院」 保険診療だけでなく整体マッサージにも対応します。
Instagram
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)

電気治療の効果

2021.11.26



今はどの整骨院にもあり、一般家庭でも気軽にできる電気治療。


当院でも「まずは電気からかけますね」といった感じで行っていますが、

電気治療の効果を知っている患者さんは少ないのではないでしょうか?


電気治療といっても色々種類があるのですが、今回は当院でも行っている低周波治療について説明します。


低周波治療の効果


私たちの体の中(筋肉、神経)は、すでに電気信号=低周波が流れています。

外部から電気を流し体の中の電気信号を整えることによって、以下の効果が得られます。


①疼痛軽減効果

痛みのある部分に低周波電流を流し、痛みの感覚神経を刺激すると、痛みを伝達する機能に変化を及ぼし、

脳に痛みの感覚を伝えにくくする。


②血行促進効果

低周波電流を流すと運動神経を介して電流が筋に伝達され筋収縮が起こり、筋のポンプ作用が働く。

弛緩した時には血液が流入、緊張すると血液が流出する。この働きで血流が改善され、血行が促進される。

血行が促進されることで、発痛物質が血流とともに流れるため、痛みの軽減につながる。



ところで、

「意識性の原則」というのをご存知でしょうか。


トレーニングをするときに意識の持ち方によって効果が変わりますよ。という原則で、

運動の内容、目的、意義を理解し、どこの部位を鍛えているのか意識しながら行うとトレーニング効果がアップします。


これはトレーニングだけでなく電気治療にも言えることです。




なんとなく「ビリビリ来るから効いている気がする」から「電気刺激によって筋が収縮運動を起こして血行が促進されている」

へ、電気治療を受けるときは、意識してみてください。



東京都豊島区南池袋2-27-1 村田ビル2F
03-3980-1770
月曜~土曜(日・祝日休診)
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:30
土曜日診療は10:00~14:00までの時間で受付けいたします。